【住友化学】大分工場で購入電力を100%再生可能エネルギー化 ~工場内の燃料転換と合わせてGHG排出量を約30%削減~

住友化学は、2021年11月から、温室効果ガス(GHG)排出削減に向けた取り組みの一環として、大分工場(大分県大分市)において外部から購入する電力を100%再生可能エネルギー由来へ切り替えることといたしました。これにより、同工場から排出されるCO2は13年度比で約20%削減されます。また、同工場では、構内で使用するエネルギー源の燃料を、重油からCO2排出係数の低い都市ガスに転換し、その効果を最大限に生かすべくプラント運転条件の最適化に取り組んでおり、合計で約30%(同年度比)のGHG排出量(以下、「排出量」)の削減を実現します。





URL1 https://www.sumitomo-chem.co.jp/news/detail/20211021.html