【アジア航測】宮古発電合同会社への宮古市の資本参加に関する協定締結について

アジア航測が日本国土開発株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 朝倉健夫)及び復建調査設計株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役社長 來山尚義)と合同で出資し設立された「宮古発電合同会社」は、資本参加に関して宮古市(市長 山本正德)合意に至り、令和3年4月6日に協定を締結しました。

「宮古発電合同会社」は、宮古市津軽石地区及び田老地区において太陽光発電事業を行っております。

宮古市は、自然資源を活用した新たなエネルギー政策の方向性を示す「宮古市再生可能エネルギービジョン」を令和2年9月に策定、今回の「宮古発電合同会社」への資本参加は、ビジョンに掲げた基本目標の達成に向けた取り組みの第一歩となります。

詳細は、当社ホームページをご覧ください。

*下記外部リンクURLをクリックすると、当該ページを参照できます。





URL1 https://www.ajiko.co.jp/news_detail/1183