【住友化学】2050年カーボンニュートラル実現に向けたグランドデザインを策定 ~30年度GHG排出量50%削減の新目標と取り組みを決定~

住友化学は、このたび、2050年のカーボンニュートラル実現に向けて、取り組み方針や活動目標をはじめとするグランドデザインを策定いたしました。当社グループとして、温室効果ガス(GHG)排出量を13年度比で30年度までに50%削減、50年までにカーボンニュートラルの実現を目指します。当社は、30年度までの削減目標を50%に引き上げたことに伴い、21年12月10日、「2℃を十分に下回る水準(Well-below 2℃)」でScience Based Targets(SBT)イニシアチブの認定を改めて取得しました。認定された目標とカーボンニュートラルの実現に向け、総合化学企業として培ってきた技術力と知見を生かして科学的・論理的・定量的に裏付けされた取り組みを推進し、「責務」と「貢献」の両面からGHG排出量の削減を加速させます。





URL1 https://www.sumitomo-chem.co.jp/news/detail/20211210_2.html