【住友化学】環境負荷低減への貢献に向けてアクリル樹脂のケミカルリサイクル実証設備を新設

住友化学は、このたび、アクリル樹脂(PMMA、ポリメチルメタクリレート)のケミカルリサイクル実証設備を愛媛工場(愛媛県新居浜市)に建設することといたしました。2022年秋に実証試験に着手し、23年にサンプル提供を開始する予定です。本取り組みと並行して、使用済みアクリル樹脂の回収から、再生、製品化までの資源循環システムを確立し、早期の事業化を目指します。





URL1 https://www.sumitomo-chem.co.jp/sustainability/news/detail/?key=8243