「エコライフ・フェア2018」に出展しました!(vol.1)

6月2日(土)~3日(日)の二日間、都立代々木公園で開催された「エコライフ・フェア2018」(主催:環境省)に、環境省 大臣官房総合政策課 政策評価室とエコ・ファースト推進協議会の合同ブースを出展しました。 

当協議会主催で小中学生を対象に実施した「エコとわざコンクール2017」の入賞作品の中から、来場者に“気に入った”“共感した”作品に投票していただき、二日間の総投票数は1,773票にのぼりました。

また、エコ・ファースト制度等に関するクイズにもご解答いただき、総参加者数に応じて協議会が、東日本大震災、熊本地震の被災地で子どもたちに学習支援を行っているNPO団体に寄付を実施する予定です。

今年はさらに、来場された小中学生にその場で「エコとわざコンクール」にご応募いただく「エコとわざ」創作コーナーもブース内に設置し、多くのこどもたちがチャレンジしました。 

「エコとわざコンクール」は「この美しい地球を守りたい」との思いを込め、ESD(持続可能な開発のための教育)の一環として、当協議会が2010年から毎年1回開催しています。


多くのお客様にご来場いただきました

エコとわざにチャレンジ!