第1回 エコ・ファーストシンポジウム開催

環境省主催による「第1回 エコ・ファーストシンポジウム」が、COP21に先駆け2015年11月25日(水)に東京都港区において開催され、エコ・ファースト認定企業9社が自社の取り組みや将来に向けた提案をプレゼンテーションしました。

当日は、鬼木環境大臣政務官の「エコ・ファースト認定企業の先導的な取り組みが、皆で作る低炭素社会を実現します。環境と産業が補完し合い、好循環を生んでいくことが重要です。」というご挨拶で開会しました。続いて、和田議長も「このシンポジウムを契機にエコ・ファースト企業の先導的な取り組みが世の中に認められ、仲間が増えていくことを期待しております。」と応えました。

「これからの低炭素社会~エコ・ファースト認定企業の挑戦~」をテーマとした各社のプレゼンテーションでは、180名の参加者からの質疑応答の時間が設けられ、活発な討議が行われました。また、終了後にはコメンテーターの後藤 敏彦氏(サステナビリティ日本フォーラム代表理事)、森 摂氏(株式会社オルタナ 代表取締役社長・編集長)より、講評と共に低炭素社会構築への取り組みの重要性をお話しいただきました。

各企業のプレゼンテーションの内容は、環境省ホームページからご覧いただけます。

 

 

 


開会のご挨拶をされる鬼木環境大臣政務官

和田議長

エコ・ファースト認定企業によるプレゼンテーションの様子

URL1 http://www.env.go.jp/guide/info/eco-first/event_271125b.html