エコ・ファーストin関西/琵琶湖の外来魚駆除・釣りボランティア実施

 

 琵琶湖では、ヨシ群落の減少や外来魚増殖の影響で、昔から生息するニゴロブナやホンモロコなどの魚が激減するなど、貴重で豊かな生態系が大きく乱れています。

 関西人の水の象徴である“琵琶湖”で起きている外来魚問題を一人でも多くの方に理解していただきたいとの思いから、9月7日、関西に本社を置くエコ・ファースト企業9社(クボタ、三洋商事、滋賀銀行、スーパーホテル、住友ゴム工業、積水ハウス、ダイキン工業、ノーリツ、リマテック)合同で、琵琶湖の外来魚駆除・釣りボランティアを実施しました。 あいにくの雨模様にもかかわらず総勢197名(うち子ども50名)が参加。家族や同僚と楽しみながら、わずか75分程度で581尾の外来魚(ブルーギルやブラックバス)を釣り上げました。楽しみながら取り組める関西ならではのボランティア活動をきっかけに、関西ならではを今後も発信していきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 


滋賀銀行、吉田専務の挨拶

集合写真

釣り風景