「生き物に関わる『エコとわざ』コンクール」募集開始
エコ・ファースト推進協議会は、本年が国際生物多様性年であり、COP10が名古屋で開催されることから、国際生物多様性の日の5月22日(土)より全国の小中学生から“大切にしたい生き物と自然”、“いろいろな生き物と一緒に生きる”を表現する創作ことわざ「エコとわざ」の募集を開始します。
 コンクールの内容は次のとおりです。

1.応募資格者:全国の小学生・中学生

2.募集期間 :2010年5月22日(土)~7月20日(火)

3.応募方法 :エコ・ファースト推進協議会ホームページおよびポスター等のQRコードからご応募ください。
※作品は未発表のオリジナルなものに限ります
※ご応募はお一人様一点のみとします
※ご応募された作品の著作権は主催者に帰属します
※ご応募の作品は返却しません

4.審査方法 :日本ことわざ文化学会(会長:森 洋子氏(明治大学名誉教授))
監修のもと、生物多様性条約第10回締約国会議支援実行委員会アドバイザー香坂 玲氏(名古屋市立大学准教授)など生物多様性分野の
専門家や主催者で構成される審査委員会で厳正に審査します。

5.各   賞 :小学生の部優秀賞(賞状と図書券3万円)1本
  中学生の部優秀賞(賞状と図書券3万円)1本
  日本ことわざ文化学会賞(賞状と図書券3万円)1本
  加盟企業賞(賞状と加盟企業の商品・サービス)数本
※入賞者と保護者1名を10月30日(土)に「メッセナゴヤ2010」での表彰式にご招待します(交通費は主催者で負担します)

6.発   表 :2010年9月18日(土)に名古屋市で開催する当協議会主催の「生物多様性 公開シンポジウム」で各賞の発表をします。

当協議会のホームページでも同時期に公開します。

このコンクールを通じて、生物多様性の保全へ向けた意識を小中学生から親世代・地域コミュニティーへと拡げ、その高揚を目指すとともに「エコ・ファースト制度」および「エコ・ファースト推進協議会」の認知度向上を図り、あわせてCOP10の成功に向けて側面から支援していきます。