【住友化学】シンガポールでプロパン脱水素技術と二酸化炭素の有効利用技術を組み合わせる検討を開始

住友化学は、このたび、シンガポールにある当社グループの石油化学コンプレックス内で、プロパンガスからプロピレンを生産するプロパン脱水素(PDH)技術と、それから副生される水素のほか二酸化炭素を原料に、高効率でメタノールを合成する技術とを組み合わせる検討を開始いたしました。なお、本件は、環境負荷低減と経済活動とを両立できる取り組みであることから、シンガポール経済開発庁(EDB)の支援を受けています。





URL1 https://www.sumitomo-chem.co.jp/sustainability/news/detail/?key=8091