【住友化学】千葉工場に高効率なガスタービン発電設備を新設 ~年間で24万トン以上のCO2排出を削減~

住友化学は、このたび、温室効果ガス排出削減に向けた取り組みの一環として、千葉工場(千葉県市原市)の既存の石油コークス発電設備を廃止し、高効率なガスタービン発電設備を新設することといたしました。設備の完成は2023年秋を予定しています。





URL1 https://www.sumitomo-chem.co.jp/sustainability/news/detail/?key=8035