水の保全と環境保護に向けたLIXILの新たな取り組み「みんなでスマイルエコプロジェクト」始動

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:瀬戸欣哉、以下LIXIL)は、水の保全と環境保護に向けた新たな取り組みとして、「みんなでスマイルエコプロジェクト」を2017年10月より始動します。このプロジェクトは、社員自らが率先して行動変容に取り組み、暮らしに関わる様々な商品を展開するLIXILとして、パートナーさま、お得意先さま、そしてユーザーの皆さまと一緒にエコの意識を高め、社会全体に広げていく活動です。

「みんなでスマイルエコプロジェクト」の冊子

LIXILは、「グローバルな衛生課題の解決」「多様性の尊重」と並んで、「水の保全と環境保護」をコーポレート・レスポンシビリティ戦略の柱の一つとして位置づけ、2030年までに、製品・サービスによる環境貢献が事業活動による環境負荷を超える「環境負荷ネットゼロ」の実現を目指しています。LIXILではこれまでも、全商品に搭載される照明のLED化の推進や、窓サッシやトイレ、太陽光パネルなどの断熱・省エネ・創エネ製品を通して環境保護に貢献してきました。

そしてこの度、暮らしに関わる様々な商品を通じて、改めて将来の地球環境についてユーザーの皆さまとともに考え、自分ごととして環境貢献に取り組んでいただくことを目的に「みんなでスマイルエコプロジェクト」の活動を展開します。LIXILのエコ商品は、CO2の排出量の削減に貢献するだけでなく、日々のランニングコストも抑えられ、地球にも人にも優しいエコを推進します。


「みんなでスマイルエコプロジェクト」の冊子



URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2017/110_eco_0927_01.html