国際NPOと協働して環境教育活動を実施

~LIXILは、ベトナムの未来を担う
子どもたちに、水の大切さを伝えています~
2014年 2月 20日~23日

株式会社LIXILと子会社LIXIL INAX VIETNAM Corporation(以下LIXIL VIETNAM)、LIXIL INAX DANANG Manufacturing Co., Ltd. (以下Danang INAX)は、2つの国際NPO法人「Bridge Asia Japan」(以下BAJ)、「Seed to Table」(以下STT)と協働して、 ベトナム社会主義共和国(以下ベトナム)の子どもたちに環境教育活動を行っています。

ベトナムでは、急激な経済発展に伴い、貧困層と富裕層の格差拡大や、公害問題、衛生問題、 子どもの人権保護問題などが生じ、社会制度が追いつかない状況にあります。ベトナムに5つの工場を有し、ベトナムの発展 とともに衛生陶器トップシェアの地位を築いてきたLIXILは、地域に根付いた企業として少しでもベトナム社会の役に立ちた いと考え、2007年に環境教育活動を開始しました。
BAJやSTTは、現地の人々が自らの生活や環境について学び、考え、行動していくことを支援してい ます。LIXILは、彼らの活動を資金面で援助するだけでなく、オリジナルテキストの作成や現地での授業を行っています。 住まいと暮らしに深く関わる企業として、また、公害問題を乗り越えてきた先進国の企業の責任として、これまで培って きた知識と経験を活かし、ベトナムの将来を担う子どもたちにとって大切な教育の支援を続けています。

14回目となる今回は、ベトナム中部のトゥア・ティエン・フエ省と、北部のホアビン省で、 BAJやSTTのスタッフ、5名の現地従業員、および日本から訪れた2名の従業員が、子どもたち約220名と授業や実験を通し て交流しました。

 

■協働しているNPO法人について


<Bridge Asia Japan(BAJ)> http://www.baj-npo.org/

1993年設立のBAJは、その名のとおりアジアと日本の架け橋となって国際協力を行っているNPO法人 です。ベトナムでは、主に貧困層の子どもたちへの支援を行っています。環境教育は、2004年にベトナム中部にあるフエ市 の子どもたちを対象にスタートしました。生活排水を直接川に流さないようにするために浄化槽を設置するなど、実践的な サポートも同時に行うことで、現地の子どもたちが自ら考え行動する活動が広がっています。

<Seed to Table(STT)> http://seed-to-table.org/

STTは2009年設立のNPO法人で、LIXILと活動しているベトナム北部ホアビン省はその中核拠点です。 ベトナムの人々と共に、地域の種、自然、そして文化を守り、自給と収入を改善するための経済基盤を整えながら、 家族や友人と楽しく暮らしていけるようにすることを目指しています。自分たちの暮らす地域の現状を知り、貧困から脱したいと強く思う人々に、 地域に合った農法を教えています。また、人々の出会いと話し合いの場をつくり、次世代を担うリーダーを育てながら、 食と農と地域づくりに取り組んでいます。


ろ過装置を製作する子どもたち

ろ過されていく様子に興味津々

村民が建設したトイレ

URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/070_company_0327_03.html