「低炭素杯2014」を今年も共催

全国各地で展開している地球温暖化防止に関する地域活動を報告し合う

~全国の低炭素活動団体による全国大会決勝戦および表彰式、特別シンポジウムを開催~
日時:2014年2月14日(金)・15日(土) 会場:東京ビッグサイト(東京都江東区)

住まいと暮らしの総合住生活企業である株式会社LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森義明)は、全国各地で展開している地球温暖化防止に関する地域活動を報告し合う「低炭素杯2014」(主催:低炭素杯2014実行委員会、開催日:2014年2月14日・15日)を、今年も共催します。

「低炭素杯」は、低炭素社会の構築に向けて、学校・家庭・有志・NPO・企業などの多様な主体が、全国各地で展開している地球温暖化防止に関する地域活動のプレゼンテーションを通じて報告し、学び合い、連携の輪を広げていく活動です。LIXILは低炭素杯の理念に深く共感し、2011年の初回から共催しています。
「低炭素杯2014」では、全国からエントリーされた1,620団体から厳しい審査を経て選ばれた41団体(ファイナリスト)がプレゼンテーションを行い、その中から優秀な低炭素活動を行った団体に、環境大臣賞として、グランプリ(1団体)及び金賞(地域活動部門、企業活動部門、パートナーシップ部門、学生活動部門の4部門から各1団体、計4団体)を授与します。

また、同時開催される特別シンポジウムでは、基調講演として、NHK広島取材班(日本放送協会広島放送局)報道番組チーフ・プロデューサー 井上 恭介氏を迎えた「『里山資本主義』を語る(予定)」のほか、パネルディスカッションとして、コーディネーターにIIHOE(人と組織と地球のための国際研究所)代表 川北 秀人氏を迎え、5人のパネリストが議論を交わす「低炭素最前線から学ぼう!CO2削減『日本一』大集合!」も行います。

なお、環境大臣賞グランプリに授与されるトロフィーは、昨年も制作を担当した造形家の齊藤 公太郎氏が制作します。トロフィーの制作は、低炭素杯の環境大臣賞グランプリを2年連続で受賞した栃木農業高校の生徒たちの協力のもと、栃木の地域資源「麻」を使った地域協同ワークショップを通じて進められます。

LIXILでは、今後もこうした活動を通じて、人びとの暮らしが地球と調和することを願い、住まいづくりのあらゆるプロセスにおいて、環境に配慮した主体的な取り組みを続けていきます。





URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/110_eco_0108_01.html