国際NPOと協働で、水に関する環境教育活動を実践

 ~水の大切さを子どもたちと一緒に考え行動します~2013年8月11日-14日

株式会社LIXILと子会社LIXIL INAX VIETNAM Corporation(以下LIXIL VIETNAM)は、ベトナム社会主義共和国(以下ベトナム)で2007年から、現地の子どもたちを対象に「水に関する環境教育活動」を行っています。現在は「Bridge Asia Japan」(以下BAJ)と「Seed to Table」(以下STT)の2つの国際NPOと協働で活動を実践しています。

ベトナムでは急激な経済発展に伴い、貧困層と富裕層の格差拡大や公害問題、衛生問題、子どもの人権保護問題などが生じ、社会的制度の整備が追いつかない状況にあります。ベトナム国内での衛生陶器トップシェアをもつLIXILは、ベトナムの発展とともに現在の地位を築いてきた企業として、少しでもベトナム社会の役に立ちたいと考えています。単なる資金援助活動にとどまらず、オリジナルテキスト「水について考え、調べてみよう」「トイレについて考えよう」を使って、LIXILの社員が現地の教壇に立ち、ベトナムの社会情勢や環境に沿った内容と提案で、継続的に環境教育を実施しています。

 


豊かな自然に囲まれたディックザオ村

年上のメンバーがリードして進めるワークショップ

自分の住む地区の水について考える子どもたち

URL1 http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2013/120_newsletter_1003_01.html