当社の環境教育出前授業が「LCA日本フォーラム奨励賞」を受賞

富士通グループでは、美しい地球環境を次世代へと受け継ぐために、「地球と社会に貢献する人材の育成(人づくり)」に取り組んでおり、2006年から全国の小中学校を対象に、富士通グループの社員が出向いて環境教育を行う環境教育出前授業を実施しております。

このたび、この活動が将来の持続可能な社会を担う次世代の育成に寄与し、成長を促すものであると評価され、LCA日本フォーラム(事務局:一般社団法人 産業環境管理協会)が主催する「第12回LCA日本フォーラム表彰」において「LCA日本フォーラム奨励賞」を受賞しました。

今後も富士通グループは、持続可能で豊かな社会の実現のために、地球と社会に貢献する人材の育成を推進していきます。

【受賞の理由について】

当社の環境教育出前授業に対し、以下の点が評価されました。

・ 各段階の教育機関で重要な課題となっているキャリア教育に加え、LCAを基にした環境教育を実践し、子どもたちの成長を促している。

・ 社会が少子化に向かう中で、将来の持続可能な社会を担う次世代の育成に寄与している。

・ 約10年間、継続的かつ地道な活動で徐々に拡張してきており、今後のさらなる拡大も期待できる。

・ 複数のプログラムがあり、出前授業としての完成度が高い。





URL1 http://pr.fujitsu.com/jp/news/2016/01/12-1.html
URL2 http://www.fujitsu.com/jp/about/environment/society/activities/education/index.html