事業所における温室効果ガス(GHG)排出量の・エネルギー効率の改善

CO2排出量削減対策として、2014年度も継続して各事業所での設備の省エネ対策、製造プロセスの効率化と原動施設の適正運転、オフィスの空調温度の適正化、照明・OA機器の節電、エネルギー消費の「見える化」と測定データの活用推進を行いました。

2014年度のGHG総排出量は約89.7万トン(売上高当たりの原単位:18.9トン/億円)であり、1990年度比では33.1%削減となりました。


温室効果ガス(GHG)排出量の推移



URL1 http://www.fujitsu.com/jp/documents/about/resources/reports/sustainabilityreport/2015-environmentalreport/fujitsureport2015-05010101.pdf