長崎県五島列島にて第3回椿の植林・保全ボランティア活動を行いました

 2013525日、長崎県五島列島にて第3回椿の植林・保全ボランティア活動を実施しました。

長崎県五島列島は、ヘアケアブランド「TSUBAKI」に配合されている椿油の産地です。 資生堂では、長崎県や新上五島町の方々にご協力いただき、2011年より自社商品の原料産地で社員ボランティアによる椿の植林・保全活動を開始しました。

 

今年は社員とその家族42名、新上五島町で環境保全活動などを行っている子ども達19名を含む61名が参加し、ヤブツバキの植林・保全活動を行いました。

一人1本ずつ丁寧に苗木を植樹した後、椿の健やかな生長を願って木札にメッセージを書き、苗木の横に挿しました。10年後にはこれらの苗木から椿油がとれ、「TSUBAKI」に配合される見込みです。

 その後、これまでに植樹した苗木周辺の下草刈りと、自生している椿に絡まっているツルを刈り取る保全活動を行いました。

 また、植林・保全活動に加えて、簡易的な方法で椿の実から椿油ができるまでの工程を体験しました。汗を流しながら硬い椿の実をすり潰した後、搾油機から椿油が流れ出る様子を見た参加者からは歓声があがりました。

 

今後も資生堂はこの活動を通じて地球の恵みを守り育てることの大切さを学ぶとともに、事業活動と一体となった環境活動を継続していきます。

 

 


植樹活動の様子

椿油の搾油体験

集合写真