和歌山県「資生堂 椿の森」で第4回椿の植林・保全ボランティア活動を実施しました

  

5月26日(土)、和歌山県西牟婁郡(にしむろぐん)白浜町椿の「資生堂 椿の森」にて第4回目の椿の植林・保全ボランティア活動を実施しました。

2009年より開始し、10年間にわたる椿の植林・保全活動の4年目となる今年は、近畿エリアの社員を中心に、南は九州、北は名古屋、東京から社員とその家族が参加し、総勢189名で活動を行いました。

当日は地元の森林組合や県庁の方にご指導いただきながら、新たに約200本のヤブツバキの苗木の植林と下草刈りを行いました。暑い日となりましたが、社員は自分が植えた苗木がすくすく育つことを願いながら植林と下草刈りに励みました。

参加した社員からは「山の手入れの大変さがよくわかった」「慣れない作業で疲れたが、緑の中で汗をかくのは新鮮で気持ちがよかった」「昨年植えた苗木が大きくなっていて嬉しかった!来年も絶対苗木の成長を見にきたい」といった様々な声が寄せられました。

 
今後も資生堂は、この活動を通じて地球の恵みに恩返しをしていくと共に、社員の環境教育に積極的に取り組んでまいります。
その他の環境活動は下記URLをクリック↓

植林の様子

下草刈りの様子

参加者で記念撮影

URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/