ZOTOS社 ジェニーバ工場の風力発電設備が稼動を開始しました

ヘアサロン向け製品を製造しているZOTOS社のジェニーバ工場(米国・ニューヨーク州)に設置した大型の風力発電設備2基が、2011年12月より稼動を開始しました。

この2基合計の年間発電量は、約600万KWh/yr を見込んでおり、米国風力エネルギー協会(AWEA)によると、米国内の製造会社(自社敷地内)において1位と公表されています。この風力発電の稼動により、ジェニーバ工場の年間使用電力の約60%をカバーすることが可能となり、電力使用により発生するCO2も60%削減することが可能となる見込みです。

また、ジェニーバ工場では、工場から直接排出されるCO2や風力発電でカバーしきれない電力から発生するCO2排出量について既にカーボン・オフセット*の取り組みを進めており、今回の風力発電の稼動により「CO2排出ゼロの工場」となります。
なお、資生堂では、象徴的な環境への取り組みに番号をつけて(ナンバリング)、ウェブサイトなどで紹介していますが、このZOTOS社の風力発電の取り組みについては、「NO.082」として認定しています。
                                                         
*カーボン・オフセット:日常生活や経済活動において避けることのできないCO2等の温室効果ガスの排出を、排出量に見合った温室効果ガスの削減活動に投資すること等によって相殺しようとする考え方や活動の総称。
                                                      
                                                     今後も資生堂は、グループ全体で環境への取り組みを進めてまいります。
 
資生堂アースケアプロジェクトでは、資生堂グループの象徴的な環境活動に番号をつけて(ナンバリング)整理し、紹介しています。
その他の環境活動は下記URLをクリック↓

 

 

 

 


そびえたつ2基の風力発電設備

ジェニーバ工場の風力発設備


URL1 http://group.shiseido.co.jp/eco/