住友ゴムCSR基金 2014年度助成を実施

 

 住友ゴム工業(株)は、2014年度の住友ゴムCSR基金*1助成事業として、32件を対象に助成を実施しました。助成総額は800万円です。
 
 CSR基金助成事業は、住友ゴムグループのCSR活動基本理念である「住友ゴムグループは、地域環境や社会をGENKI*2にする活動を通じて、持続可
能な社会の実現に貢献し、社会から信用される企業グループを目指します。」の実現に資するため、環境保全、災害支援、交通安全、そして当社グループ
事業所所在地における顕著な社会問題の解決などを行っているNPOやボランティア団体に助成するものです。
 
 2010年にスタートしたこの事業は、2013年度までに60団体による81件の活動を対象に助成を行っています。
 
*1:住友ゴムCSR基金: 2009年7月、従業員参加のCSR活動の一環として発足。グループ従業員から募金を募り、その募金と同額を会社が拠出する
マッチングギフト方式を採用しており、NPOを中心に展開されている、地球環境問題や社会問題解決に向けた多様なCSR活動を支援しています。
*2:GENKI: 住友ゴムグループの「CSR活動基本理念」で定めた「CSRガイドライン」。Green(緑化)、Ecology(事業活動の環境負荷低減)、Next(次世代型
技術・製品の開発)、Kindness(人にやさしい諸施策)、Integrity(ステークホルダーへの誠実さ)を表しています。