「第34回とよたガーデニングフェスタ」でどんぐりの苗木を配布
 
 住友ゴム工業(株)は、4月27日(土)~29日(月)の3日間、豊田スタジアム(愛知県豊田市)で開催された「第34回とよたガーデニングフェスタ」において、来場者に900本のどんぐりの苗木を配布しました。

 

 

住友ゴムグループは、CSR活動の柱の一つに「緑化」を掲げ、国内外で積極的に植樹活動を推進しています。その活動の一環として2008年度から展開している「未来を植える!どんぐりプロジェクト」では、各事業所の周辺地域でどんぐりを集め、事業所内で苗木を育ててその地域に還元するという、在来種に配慮した活動を続けています。
 今回配布した苗木は、クヌギ、コナラの落葉樹と、アラカシ、シラカシ、マテバシイの常緑樹で、近隣の方々のご協力により集められたどんぐりの種を名古屋工場敷地内で発芽させ、3年ほど育成したものです。またどんぐりの苗木以外にも、挿し木で育てたツツジ、サツキ、サザンカ、ムクゲも合わせて配布を行いました。

 

 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

住友ゴムグループは、CSR活動の柱の一つに「緑化」を掲げ、国内外で積極的に植樹活動を推進しています。その活動の一環として2008年度から展開している「未来を植える!どんぐりプロジェクト」では、各事業所の周辺地域でどんぐりを集め、事業所内で苗木を育ててその地域に還元するという、在来種に配慮した活動を続けています。
 今回配布した苗木は、クヌギ、コナラの落葉樹と、アラカシ、シラカシ、マテバシイの常緑樹で、近隣の方々のご協力により集められたどんぐりの種を名古屋工場敷地内で発芽させ、3年ほど育成したものです。またどんぐりの苗木以外にも、挿し木で育てたツツジ、サツキ、サザンカ、ムクゲも合わせて配布を行いました。
 
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。