タイヤ業界初次世代認定マーク「くるみん」を取得
 住友ゴム工業(株)は、このたび、タイヤ業界で初めて、厚生労働省・兵庫労働局から、次世代育成支援対策推進法*に基づき、従業員の子育て支援を積極的に推進している企業として認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

 「くるみん」は、企業が子育て支援に関する行動計画を策定・届出し、その取り組みが一定の基準を満たしていると認定された企業に付与されるもので、認定を受けた企業はこのマークを商品やサービス、広告等に使用することができます。

 当社では、出産・育児にかかわる諸制度の整備や啓発活動により、出産した社員の育児休業の取得率が100%に達し、男性社員へも育児休業の取得を積極的に推進しています。また、育児休業期間の延長や短時間勤務等の育児に配慮した勤務形態の導入なども実施しています。さらに、すべての従業員を対象にして、時間外労働の削減や有給休暇取得の推進等についても労使で協力して取り組んでいます。このような活動の結果が今回の認定となりました。当社は、今後も引き続き、子育て支援やその他仕事と家庭の両立を支援する「ワークライフバランス」を積極的に推進していきます。




URL1 https://www.dunlop.co.jp/newsrelease/2009/2009_065.htm