お須原山「住友ゴムGENKIの森」で緑化活動を実施
住友ゴム工業(株)は、5月6日(金)、愛知県豊田市お須原山「住友ゴムGENKIの森」にて、名古屋工場操業50周年の記念植樹と山道づくりを実施しました。当日は豊田市立敷島小学校全校生徒45名をはじめ、学校関係者、名古屋工場従業員の総勢75名が参加しました。

 お須原山の「住友ゴムGENKIの森」は、愛知県豊田市に位置するお須原山内の約2ヘクタールを活動エリアとしており、2010年6月からの5年計画で整備・植樹を行っています。当社名古屋工場が本年操業50周年を迎えた今回の緑化活動は、名古屋工場敷地内で3年間育てたクヌギの木の記念植樹と、新しい丸太を設置しての山道づくりです。
 今後もこの「住友ゴムGENKIの森」の緑化活動を継続し、多くの方々に利用して頂くことで、地域との交流を深めてまいります。
 
 住友ゴムグループでは、樹木によるCO2の吸収で地球温暖化防止に貢献するために、どんぐりを種から育て植樹する全社活動を「住友ゴム森輪工場-どんぐりプロジェクト」と称して推進しています。「住友ゴムGENKIの森」づくりはその一環として実施するものです。
 
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。




URL1 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2011/sri/2011_040.html