ビオトープ「ころもの泉」のオープニングセレモニーを開催
 住友ゴム工業(株)は、3月26日(土)、名古屋工場敷地内のビオトープ「ころもの泉」が完成し、オープニングセレモニーを開催しました。当日は近隣自治区および関係者約60名が参加しました。

 当社名古屋工場は、今年操業50周年を迎えます。その記念活動のひとつとして、工場敷地内に生物生息空間ビオトープ「ころもの泉」を造りました。これは、照葉樹林渓谷ビオトープ(外来種なし)と庭園風ビオトープ(民家前)の2つのビオトープが一度に楽しめるものです。そして、全長133mの小川には6個の池が造られ、ドジョウやメダカ、フナなどが元気に生息しています。
 製作は全て名古屋工場従業員の手によるもので、元々の地形を変えず、樹木を一本も移植せず、環境に配慮して造られました。
 地域との共存共栄を目指す名古屋工場としては、今後この「ころもの泉」を地域の方々にも開放し、交流の場として利用していきたいと考えております。
 
 住友ゴムグループは、これからもグローバル企業としての社会的使命を果たすために、広く地域・社会に貢献し、期待され信頼され愛される企業として新しい価値を創出し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

ころもの泉



URL1 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2011/sri/2011_029.html