「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」認定証が授与される
 住友ゴム工業(株)は、12月9日(木)に東京ビッグサイトで実施された、市民と企業の協働による都市緑化運動「みどりのわ※発足記念フォーラム」で開催された、「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」認定証授与式に出席し、当社白河工場(福島県白河市)及び宮崎工場(宮崎県都城市)の取り組みに対する認定証を受け取りました。
※みどりのわ : 全国5000以上の緑化ボランティア団体と、その活動を支援する環境貢献企業のパートナーシップによる『次世代のための緑ゆたかなまちづくり運動』

 住友ゴムグループでは、樹木によるCO2の吸収で地球温暖化防止に貢献するため、世界各地の事業所やその周辺地域において、2009年から20年間で100万本の木を植える「100万本の郷土の森づくり」プロジェクトを展開しています。
 本年5月に里山づくりやカタクリ自生地保護など自然環境保護に取り組む白河工場が、また11月に絶滅危惧種ヒゴタイの保護・育成などに取り組む宮崎工場が各々高く評価され、財団法人都市緑化基金主催の「生物多様性保全につながる企業のみどり100選」(後援:国土交通省、環境省、日本経団連、日本経済新聞社)に認定されました。




URL1 http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2010/sri/2010_099.html