空の上から地球を考えるe-flight 2013

 ~ 宮城県・南三陸町「ANAこころの森」の間伐材を使って地元の方々により製作されたオリジナルグッズを国内線・国際線でカーボンオフセット付き商品として機内特別販売 ~

ANAグループは2012年度より、中長期環境計画「ANA FLY ECO 2020」をスタートさせました。 有償輸送量あたりのCO2排出量を20%削減する(2005年度比)という数値目標のもと、空の上の活動をはじめ、陸の上、海の中においても、その先の空を見つめて様々な環境活動に取り組んでいます。

その活動の一環として、次世代に残すべき地球環境をお客様とともに考える「e-flight(エコトライアルフライト)2013」を、2013年3月に設定いたします。

今年は復興の道を歩む宮城県・南三陸町で「ANAこころの森」の間伐材を使って地元の方々により製作されたオリジナルグッズを、カーボンオフセット付き商品として国内線・国際線の全路線で機内特別販売し、商品代金の一部は、一般社団法人more treesを通じて、日本の森づくり・アジアの森づくりに活かしていきます。また、お持ちのマイルで環境保全活動にご参加いただける「期間限定環境サポートマイル」を設定いたします。

ANAグループは、これからも様々な形を通じて復興支援や環境保全活動を推進してまいります。機内で参加できるエコ活動にどうぞご参加ください。

詳細につきましては、別添をご参照ください。


ANAカーボン・オフセット付き商品 【国内線】 間伐材ピンバッジ

ANAカーボン・オフセット付き商品 【国際線】 間伐材パズル

クロマツの苗を大事に育てる海岸林地元宮城県名取市の方々

URL1 http://www.ana.co.jp/pr/13_0103/12-193.html
空の上から地球を考える「e-flight2013」