【三洋商事】ダイバーシティ経営企業100選を受賞しました。

3月18日(水)、東京千代田区のイイノホールで開催された受賞式で、経済産業省が主催する 「ダイバーシティ経営企業100選」(経済産業大臣表彰)を受賞しました。ダイバーシティ経営とは「多様な人材(注1)を活かし、その能力(注2)が最大限発揮できる機会を 提供することでイノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営(注3)」のことです。

経済産業省では、これからの日本企業が競争力を高めていくために、必要かつ有効な戦略といえる ダイバーシティ経営を成果に結び付けている企業の先進的な取組事例と経営戦略上の意義を広く経営者層に 浸透させるとともに、ダイバーシティ推進へのインセンティブを強化し、ダイバーシティ経営に取り組む 企業のすそ野を広め、我が国産業、経済の発展を目指して、平成24 年度より「ダイバーシティ経営企業100 選」 (経済産業大臣表彰)事業を実施されています。

(注 1)
「多様な人材」とは、性別、年齢、国籍、障がいの有無などだけでなく、 キャリアや働き方などの多様性も含みます。

(注 2)
「能力」には、多様な人材それぞれの持つ潜在的な能力や特性なども含みます。

(注3)
「イノベーションを生み出し、価値創造につなげている経営」とは、 組織内の個々の人材がその特性をいかし、いきいきと働くことの出来る環境を整えることによって、 「自由な発想」が生まれ、新しい商品やサービスなどの開発につながるような経営のことです。





URL1 http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/kigyo100sen/ceremony/index.html